お知らせ

毎日暑いですね。皆様お元気でお過ごしでしょうか。

このお知らせ、すっかり更新がご無沙汰してしまい申し訳ありません。
本日付けで、FOBAS CSC Appliance V.2.2.0 をリリースしました。

今回のマイナーアップでは、Enterprise Edition を中心に
以下の機能のサポートを追加していますので、簡単にご紹介します。

1) iSCSI インタフェース機能

従来の利用インタフェース (CIFS, NFS, FTP, WebDAV) に加え、
新たに iSCSI をサポートします。iSCSI は、ストレージ接続の
インタフェースとして有名な SCSI を TCP/IP ネットワーク上
で利用可能にしたものです。

ストレージ機能を提供するサーバを「ターゲット」、利用する
クライアントを「イニシエータ」と呼びますが、FOBAS CSC は
iSCSI ターゲットとしてストレージ機能を提供します。

イニシエータは、最近のサーバ系 OS であれば、標準で利用可能
になっているものが多く、接続後は特に通常のディスクデバイス
と変わらない利用が可能で大変に便利なものです。

Windows の場合、Vista 以降であれば、標準で iSCSI イニシエ
ータ機能が利用可能です。

2) 新バージョン管理機能

FOBAS CSC の従来のバージョン管理は、SVN 実装を利用したもの
で、リソース負荷が高く、また WebDAV からの利用に適用が制限
されていました。

今回、弊社で新規にオリジナル実装を行ったバージョンをリリー
スできた事で、リソース負荷を軽減し、利用インタフェースに
制限が無くなりました。(iSCSIインタフェースを除く)

あらかじめ保存すべき世代数を設定しておくと、ファイル単位で
自動的に更新履歴が保存されています。過去のバージョンの一覧
参照とリストアは、現在はコマンドツールが提供されていますが
Windows Exploler と連動したバージョン管理ツールを間もなく
提供する予定です。

3) CIFS インタフェースに対するウィルスチェック機能

これもご要望の多かった機能です。従来 WebDAV I/F に適用が
制限されていたウィルスチェック機能を、CIFS 等のその他の
インタフェースにも適用されました。

FOBAS CSC のウィルスチェック機能は、ファイルの格納時、
および更新時にウィルスのパターン検索を行います。

パターン検索は、バックグラウンドで非同期に実施され、感染が
見つかったファイルは、自動的に拡張子が変更されます。

4) CIFS インタフェースに対するクオータ設定機能

こちらも、地味ですがご要望の多かった機能です。従来 WebDAV
でのみ利用可能だった、グループ、ユーザフォルダの容量制限が
その他のインタフェースでも利用可能となりました。

その他にも新機能盛りだくさんなのですが、主要なものをご紹介
させていただきました。

弊社ホームページ ( http://www.fobas.jp ) の「FOBAS CSC アプ
ライアンスダウンロード」のアイコンから評価ライセンス付きの
製品をダウンロードできますので、是非お試しください。

松下


こんにちは、久々の更新です。

クラウドストレージ?とは少し異なるのですが、
FOBAS CSC が利用できる、バックグラウンド
ストレージサービスとして、HDFS (Hadoop
Distributed File System) を追加しました。

「クラウド」とならんで、バズワードまっしぐらの
「ビッグデータ」ブームに乗って、Hadoop が
とても注目されています。

別に、そのブームにあやかった訳ではないのですが、
FOBAS CSC と HDFS の組み合わせは、とても
ユニークな特徴を提供できる可能性があり実装
してみました。

元々、HDFS は、Hadoop が目的としている
大規模クラスタシステムを用いた分散処理で
処理対象となるデータを格納するための分散
ファイルシステムです。

コストの安い、言いかえれば信頼性がそれ程
高くないサーバを大量に組み合わせて、大規模な
計算処理を行う事を想定しているために、以下の
ようなメリットがあります。

1) 低コスト・高性能
同等規模のシステムを単一ハードウェアで構成
する場合と比較して、低コストで実現できる。

2) 高スケーラビリティ
サーバノード数に対するスケーラビリティが
極めて高い。

3) 高信頼性
サーバノード障害の影響を受けにくく信頼性
が高い。また自律的にミラーの再構成等を
行うため効率的。

一見良い所だらけに思えますが、HDFS は汎用の
ファイルシステムではありません。大規模ファイル
の順次処理に最適化されているため、通常のファ
イルシステムとして利用するには、以下の様な問題
があります。

1) 小規模、大量ファイルのI/Oパフォーマンス
少し使ってみた事のある方はご存じですが、
ファイルのロケーションを見つけて読み始める
までの性能はお世辞にも良いものではありません。

2) 更新処理 (Write-Once-Read-Many Model)
HDFS の特徴を表すもので、データの書き込みは
一度だけで、それを多くのユーザで参照する
というモデルです。多数のユーザから同一データ
を更新するという事を想定していません。

3) ファイルへのランダムアクセス
2)と関連しますが、アクセスはストリーム経由の
順次書き込みと読み込みのみです。

ここまで読むと、HDFS はファイルシステムとしては、
かなり個性的な、用途が限られるものだという事が
ご理解いただけるかと思います。

そこで、FOBAS CSC の出番です。

ご存じかと思いますが、FOBAS CSC はユーザ側
から見ると、ファイルキャッシュにアクセスする
通常の汎用ファイルシステムです。

非同期で、バックグラウンドのクラウドストレージに
ブロック単位で書き込み、読み込みを行います。

HDFS の前段に FOBAS CSC を配置することで、
前述の HDFS のデメリットをすべて補完することが
できるのです。

この組み合わせによって、高信頼で高いスケーラ
ビリティをもつ高速な汎用ファイルシステムが、
低価格なサーバのクラスタシステムで構築できる
事になります。

オンプレミス、あるいはプライベートクラウドで
数10TBから数100TB のファイルシステムの構築が
必要なお客様は、是非一度ご検討ください。

まつした


こんにちは、久しぶりの更新です。

今日は Amazon から新しくリリースされた AWS Storage Gateway について触れたいと
思います。

もちろん、FOBAS CSC からすると、一部のユースケース(オンプレミスデータのクラ
ウドストレージへのバックアップ)では競合する存在になりうるのですが、機能を
紐解いて行くと弊社とは少し異なる Amazon の戦略・意図が垣間見えますのでその
辺りを中心にコメントしてみたいと思います。

■iSCSI インタフェースの採用

Cloud Storage Gateway 製品は大きく、ブロックデバイス(ファイルサーバ)として
機能する部類の製品と、キャラクタデバイス(ストレージハードウェア)として機能
する部類の製品に分かれます。FOBAS CSC は基本的に前者で、企業の中でファイル
サーバとして振る舞います。インタフェースで言えば、Windows のファイル共有
プロトコルとして有名な CIFS、UNIX の世界では昔から使われている NFS、FTP、
インターネットの世界でデファクトとなりつつある WebDAV などを提供しています。

それに対して、今回 Amazon が提供する AWS Storage Gateway は、キャラクタデバ
イスとしてのインタフェースである、iSCSI を提供しています。とはいえバックグラ
ウンドのストレージになる S3 や、プロキシされた実際のデータ格納場所である、
オンプレミス・ストレージでは、ブロック単位での入出力にならざるを得ないため、
その辺りのパフォーマンス・オーバヘッドが気になる所です。

■バックアップ用途フォーカス

AWS Storage Gateway は、ユースケースをオンプレミス・データストレージの Amazon
S3 へのバックアップ用途に絞って提供しています。既存のオンプレミス・データ
ストレージとコンピュータの間に配置して、オンプレミス・データストレージのプロ
キシとして機能します。コンピュータからオンプレミス・ストレージに書込みをする
データをキャプチャして、S3 にバックアップを取るという仕組みです。
これはユニークな試みです。既存ストレージ資産を生かしながら、そのデータのバック
アップを取得できますので、既存ストレージの災害対策として有効な手段となるでしょ
う。但し、コンピュータから見たインタフェースが、iSCSI に限定されますので、例え
ば、NAS の CIFS インタフェースを利用していた顧客にとっては、iSCSI から CIFS
に変換するための、Windows サーバが新たに一台必要になります。
FOBAS CSC も、内部キャッシュストレージとしてオンプレミス・データストレージの
利用をサポートする予定ですので、AWS Storage Gateway と同様に、ストレージプロ
キシとしての利用が可能になります。

■AWS EBS スナップショット形式での保存

ここが、おそらく Amazon の思惑が端的に表れている点だと思います。オンプレミスの
データストレージのイメージをそのまま、EBS スナップショットのイメージで S3 に
バックアップするという機能です。この機能の Amazon にとっての最大の狙いは、
企業は意識せずにオンプレミス・システムを Amazon EC2 に移行する下準備が出来
あがってしまう事にあります。将来的には、オンプレミスサーバの OS イメージを、
EBS ベースの Amazon EC2 イメージにレプリケートする機能が追加されるかもしれ
ませんね。

■ユーザとして注意すべき点

まず、純粋な Cloud Storage Gateway の視点からは、コストに注意すべきでしょう。
AWS Storage Gateway は、オンプレミス・ストレージのデータを暗号化はしますが、
圧縮や重複排除は行いません。従って、クラウドストレージ利用コストの圧縮効果は
ありません。

また、必要とされるリソースも比較的大きいものです。AWS Storage Gateway 用に
専用のサーバが一台必要になるでしょう。

最も注意すべき点は、ベンダロックインのリスクです。Amazon は現時点では間違い
なく、グローバルにおける IaaS のリーダです。機能、コスト、スケール全てに
おいて、大きなアドバンテージをもっています。但し、IT に限らず外部のリソース
を利用する場合、オルタナティブ(代替手段)を持てない事は大きなリスクです。
言うまでもなく、AWS Storage Gateway は、Amazon AWS 限定のツールであり、EC2
を中心とする AWS 全体サービスへの囲い込みを狙ったソリューションです。

ニフティ、IIJ などの国内プレイヤーの成熟と共に、Google、Microsoft、Oracle、
SAP、SFDC などのグローバルプレイヤーも続々とこの領域に、参戦しています。
そのような流れの中では、ベンダニュートラルなソリューションでロックインリスク
を排除する事こそが、長期的に求められる戦略だと考えます。

■まとめ

Amazon の AWS Storage Gateway は、Amazon S3 に特化した Cloud Storage Gateway
であり、主にオンプレミス・ストレージのバックアップにフォーカスしたソリューシ
ョンです。但し、背景にある大きな戦略は、単に クラウドストレージとしての S3
の利用を促進する、Cloud Storage Gateway ではなく、Enterprise ユーザが、EC2
を中心とする AWS 全体サービスへの移行を促進するためのブリッジの位置付けに
なっていると考えます。


最近、すっかり更新がご無沙汰になってしまっております。

Impress様の「クラウドWatch」という情報サイトがございますが、
( http://cloud.watch.impress.co.jp/index.html )
その中の特集記事「クラウド特捜部」にて、弊社のFOBAS CSCを紹介
いただきました。
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/column/cloud/20120118_504985.html


久しぶりの更新です。

9月って何かと忙しいですね。
FOBASも新製品のリリースやらなにやらで
もうバタバタでした。

さて、ここ最近、Amazon S3 互換サービスの
リリースが相次いでいます。

■クララオンライン様
http://www.clara.co.jp/news/110801cloudian.html

■Nifty様
http://cloud.nifty.com/storage/

AWS API がデファクトになりつつある状況ですね。

FOBAS CSC もこれらのサービス連携ができるよう
評価を進めています。

追って、ご案内できるかと思います。


ずっと利用できていたのですが、マニュアルを
作成するのを放置していまして、今日Ubuntu Linuxと
iOS (iPhone, iPod, iPad) 用のマニュアルを
アップしました。

iOS で利用するのは、WebDAV Navigator という
アプリケーションなのですが、ちょっとした不具合が
あって、開発者の Sean Ashton 氏とやり取りしました。

非常にフランクでクイックレスポンス、フィードバック
した不具合も3日程で新しいリリースがAppleストアに
出て修正されていました。

ちょっと嬉しかったのでコメントしてみました。

その他に、SaaS版で若干アップデートしています。

先日、コメントしましたが、先週辺りから、gmail の
挙動が変わって、IMAP の UID がセッションで変わる
ようになってしまい、データが取れない状態になって
いたものを修正しました。

実際にお使いの皆様は、キャッシュ上のデータを
扱っているので、問題が認識される事は無かった
かと思いますが。

また、正式にはプレスリリースしますが、今月末に
SaaS版にストレージ込みのサービスメニューを
加えます。

さらに、ストレージ1GBまでは、ずっと無償で
利用できるようにしますので、是非ご利用ください。

今日はこの辺で。


今日はもう一つお知らせです。

ユーザ様から、クラウドストレージの登録が
面倒だという意見がいくつかありましたので、
ストレージ込みのサービスプランを作る事に
しました。

現在作業中なのですが、今月末にはリリース
しようと考えています。


フリーのクラウドストレージとしては、Microsoft社の
Sky-Drive が25GBまで利用できるという事で、
ダントツの容量があって魅力的ですね。

昔からこれがCSCのストレージに使えないものかと
試行錯誤しているのですが、いかんせん、ブラウザ
からのアクセスに限定されていて、かつSSLオンリー
なので、中で何をやっているのかが全くハックできない
という状況でした。

たまたま、今日こんなものを見つけまして、
実は、WebDAV プロトコルでストレージにアクセス
できるのだという事が分かりました。

http://skydrivesimpleviewer.codeplex.com/releases/view/39725

なるほど、確かに参照はできるのですが、ファイルを
PUT しようとすると、ファイルが大きすぎて格納できない
というエラー(多分 HTTP 507 が戻ってる)になります。

勝手な推測では、おそらく、特定の USER AGENT でないと
PUT を処理しないようなサーバの実装になっているのでしょう。

最近、gmail も少しおかしな振る舞いをしているようなので、
Freeのストレージというのは、やっぱり安定的に使うのには
リスクがあるなぁと思う今日この頃でした。


しかし、毎日暑いですね。
節電節電で、皆さん体調崩したりしてないでしょうか。

さて、アプライアンスのCommunity版をアップデートしました。

SaaS版同様に、クラウドストレージの書き込みを
並列化して高速化した点と、アプライアンスの
シャットダウン時にハングすることがある問題を
修正しました。

まだまだ、いろいろ盛り込みたい機能拡張はあるのですが、
順次反映していきたいと思います。


SaaS版を少しアップデートしました。

基本的にはユーザからは見えない部分なのですが、
クラウドストレージへの書き込み処理の並列度を上げて
高速に書き込みができるようにしました。

あとは、従来MySQLを使っていたのですが、アプライアンス版を
ライセンスの関係で、PostgreSQL に変更したので、
SaaS版もそれに合わせて移行しました。

技術的には、EJB3 JPA ってのを使っているのですが、
想像以上に移行が楽でしたね。

技術の進歩の恩恵ですな。ありがたや。(^^;


ページトップへ戻る