お知らせ

報道関係者各位
プレスリリース

2015年08月25日
FOBASコンサルティング株式会社

FOBASコンサルティング、
統合ファイルサーバアプライアンス「FOBAS CFSA」の販売を8月25日に開始

~ キャッシュゲートウェイ採用 クラウド型ファイルサーバサービス ~

 

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、クラウド型ファイルサーバサービス「FOBAS CFSA(Cloud File Server Appliance)」の販売を2015年8月25日(火)に開始いたします。

 

「FOBAS CFSA」: http://www.fobas.jp/products_cfsa_summary.html

 

■背景
近年、ファイルサーバは企業における基本的な情報基盤として、その重要性は非常に高くなっています。加えて、格納される情報の重要性や機密性も高くなり、求められる機能要件も非常に高度かつ複雑になってきています。
極めて高価、高機能な統合ストレージ製品の中には、多くの機能を標準で備え導入すればすぐ利用可能になるものも存在します。しかしながら、限られた投資の中で、高度かつ複雑な要件を満たすファイルサーバを顧客自身が構築し、維持管理するのは容易なことではありません。

そこで、ファイルサーバをクラウドで提供するサービスが多く登場しています。クラウドファイルサーバサービスは、提供する事業者がファイルサーバに求められる機能を、予め設定済みの状態でサービス化して提供するため、必要な機能がすぐに使えるメリットがあります。
反面、インターネット経由あるいはVPN-WAN経由で利用することに起因する性能、あるいはスケーラビリティの制限や、サービスの容量単価が比較的高価である点などから、導入に踏み切れない企業も数多く存在します。
このような背景から、高い性能やスケーラビリティを実現しながら、リーズナブルな容量単価で利用できるクラウド型ファイルサーバが求められています。

■「FOBAS CFSA」の特長
FOBAS CFSA(Cloud File Server Appliance)は、クラウド型のファイルサーバサービスです。従来のサービスとの相違点は、お客様ネットワークに専用のキャッシュゲートウェイ装置を設置する点です。それにより以下のようなユニークな特長があります。

1) 高速、快適な性能とスムーズな認証統合
キャッシュゲートウェイを経由することにより、従来のクラウド型ファイルサーバの問題点であった、WANネットワークの影響を極小化し、極めて快適な利用性能と、顧客拠点のADとのスムーズな連携を可能にします。キャッシュゲートウェイハードウェアには大容量の高速SSDを搭載し、マルチユーザ利用時でも極めて高いパフォーマンスを提供します。

2) 必要な機能をすぐに使用可能
クラウド型ファイルサーバの特長である「必要な機能がすぐに使える」ことで、ファイルサーバに求められる全ての要件を満たしながら、構築におけるリードタイムを短縮し、SIコストとリスクを低減します。
オプション機能は、コントロールパネルから有効にすることで即日利用可能になります。(DRオプションはデータセンタ内にサーバを構築しますのでお時間がかかります)

3) スムーズで高い拡張性
同一キャッシュゲートウェイでの容量追加は、サブスクリプションの契約変更のみで即日行えます。キャッシュゲートウェイの容量上限を超える場合は、キャッシュゲートウェイのアップグレードが必要になりますが、格納されたデータの移行は必要ありません。新しい筺体にバックアップを復元するだけで30分程度で交換が完了します。小規模モデルでは概ね100ユーザ、4TBまで、中規模モデルでは概ね1,000ユーザ、10TBまでご利用いただけます。

4) クライアントゼロインストール
キャッシュゲートウェイがネットワーク通信の暗号化を行いますので、利用するクライアントにVPNなどの専用ソフトウェアを導入する必要はありません。従来のNASと同様にWindows ExplorerやMac Finderから直接利用が可能です。
また、クラウド型ファイルサーバに多い、クライアント数による課金がありません。キャッシュゲートウェイの性能が許す限り、柔軟に利用ユーザ数を増やすことが可能です。

5) 業界最高レベルのコストパフォーマンス
主要クラウド事業者の国内データセンタを利用しながら、15,000円/1TB/月という業界最高レベルの低コストを実現しました。増え続ける企業データをコスト面でしっかりサポートします。

■サービス主要機能
・アクセス権設定
・データ暗号化(AES256bit)
・通信経路暗号化(TLS1.x)
・5分間隔の差分データバックアップ
・バックアップ簡単リストア
・以前のバージョンの復元
・ゴミ箱機能
・Web管理画面
・Windows Explorer/Mac Finderから直接利用可能
・ファイルの直接編集が可能
・主要クラウド事業者の国内データセンタを複数分散利用

■提供価格(税別)
<小規模モデル>
ユーザ数       :~100名くらいまで
データ容量      :~4TBまで
ハードウェア(初期費用):¥198,000
データ課金(月額費用) :¥15,000/1TB/月
ハードウェア冗長化  :オプション(個別見積り)

<中規模モデル>
ユーザ数       :~1,000名くらいまで
データ容量      :~10TBまで
ハードウェア(初期費用):¥1,500,000
データ課金(月額費用) :¥15,000/1TB/月
ハードウェア冗長化  :標準

<オプション機能>
AD連携        :¥20,000/月
アクセスログ     :¥10,000/月
アンチウィルス    :¥5,000/月
WebDAVアクセス    :¥5,000/月
DR(コールドスタンバイ):¥50,000(初期費用)
:¥10,000/月(小規模モデルの場合)
:¥30,000/月(中規模モデルの場合)
DR(ホットスタンバイ) :個別見積

 

「FOBAS CFSA」詳細URL: http://www.fobas.jp/products_cfsa_summary.html

 

■FOBASコンサルティング株式会社について
FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品のパイオニアです。
詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト( http://www.fobas.jp/ )をご参照ください。

 


報道関係者各位
プレスリリース

2015年6月23日
FOBASコンサルティング株式会社

 FOBASコンサルティング、
高速クラウド移行ソリューション「FOBAS DARP」の提供を6月23日に開始。
クラウドへ短時間でアプリケーション移行・再配置が可能なプラットフォーム。

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:松下
悟、以下 FOBAS)は、インターネットで接続可能な分散された環境で、アプリケーションを自在に再配置可能にするプラットホーム「FOBAS DARP(Distributed Application Relocatable Platform)」の提供を2015623日に開始いたします。

 

FOBAS DARP」: http://www.fobas.jp/products_darp_summary.html

 

■背景
クラウドファーストという考え方が定着し、企業の様々なシステムがクラウド基盤に構築・移行されるようになりました。その工程でシステムの移行、特にインターネットを経由したデータの移行には長い時間を要し、業務サービスへの影響が大きい事が課題として認識されています。

また、初期費用なしで容易に始められるというクラウドの利点に反して、本格的な採用に向けたクラウド事業者の選定は、非常に高度なビジネス判断が求められます。これは、特定のクラウドでシステムを稼働してしまうと別のクラウドへの移行やオンプレミスへの回帰が非常に困難になる事が理由として挙げられます。

このような背景から、オンプレミスからクラウドへ、クラウドからクラウドへ、システムの移行や再配置を容易にするソリューションが望まれていました。

 

■「FOBAS DARP」の機能
1) わずかなサービス停止時間で、安全、確実なクラウド移行が可能
「FOBAS DARP」は、企業の基幹システム移行に求められる、最小限の停止時間で安全、確実な移行方法を提供します。「FOBAS DARP」を用いたクラウド移行では、OSおよびプログラムバイナリの移行と、アプリケーションデータの移行を分離して行うアプローチを採用しています。これにより、OSおよびプログラムは移行先環境での十分な稼働確認を行う事ができます。アプリケーションデータは、「FOBAS DARP」が提供するレプリケーション機能により、わずか10分程度の遅延で移行先での利用が可能になります。

 

2) クラウド間での容易なシステム移行・再配置の実現
「FOBAS DARP」に配置されたアプリケーションは、様々なクラウド基盤に配置されたDARPコンテナ上で自在に移行・再配置する事が可能になります。移行・再配置にかかる時間は、10分間のデータ同期遅延時間のみです。DARPコンテナは、最大128ノードのクラスタ構成でインターネット接続可能な任意の環境に配置が可能です。

 

3) クラウド時代の新しいデータ管理基盤を提供
「FOBAS DARP」に格納されたアプリケーションデータは、圧縮、重複排除、暗号化された後に、複数のクラウドストレージに分散格納されます。データはクラウドストレージの機能で高度に冗長化され、低コストで高い保全性が保証されます。また、予め指定した期間のデータを履歴で保持するため、保持期間中の、どの時点のスナップショットでも、後から必要な時に必要な粒度で作成が可能です。クラウドの持つ力を最大限に活用した、新時代のデータ管理基盤を提供します。 

 

FOBAS DARP」:http://www.fobas.jp/products_darp_summary.html

※価格については、個別に相談

 

■FOBASコンサルティング株式会社について
FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品のパイオニアです。
詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト( http://www.fobas.jp/ )をご参照ください。

 

■本リリースに関するお問い合わせ
FOBASコンサルティング株式会社
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目18番6号 クロスオフィス内幸町607
E-mail: sales@fobas.jp

 

 


報道関係者各位
プレスリリース

2014年10月29日
FOBASコンサルティング株式会社

FOBASコンサルティング、
世界初 最大128ノードの分散クラスタ構成をサポートする
クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の最新版を10月31日販売開始

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、世界初※1最大128ノードの分散クラスタ構成をサポートするクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBASクラウドストレージキャシュ(R)」(以下 FOBAS CSC)の最新版である、バージョン3.0の販売を2014年10月31日より開始いたします。

 

■背景
クラウドファーストという考え方の定着や、ビッグデータ時代のデータ容量の爆発的な拡大を背景に、クラウドストレージサービスやその基盤の要素技術としてのオブジェクトストレージの企業内への導入が加速しています。

それに伴い、それら新しい技術のストレージを既存のインタフェースから利用する目的で、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品にも注目が集まっています。

FOBASは、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービスを提供開始、2011年9月には国産初の商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の出荷を開始しております。そして、2013年1月には、国内外の主要クラウド事業者に対応したVer.2をリリースするなど、常にマーケットをリードして参りました。

 

■最新版機能詳細
1) 大容量、大規模ユーザ、多拠点展開への対応
企業内でのクラウド適用範囲の拡大、およびデータ量の増加に伴い、ストレージ・ゲートウェイにも、大容量、大規模ユーザ、多拠点展開が求められています。

FOBAS CSC Ver.3.0では、メタデータのスリム化、バックアップの高速化により実装容量としてPB(ペタバイト)級のファイルシステム構築が可能になりました。また「ルーズリークラスタファイルシステム※2」を採用し、最大128ノードでのマルチノード構成が可能になりました。これにより、負荷分散による大規模ユーザのサポート、分散レプリケーションによる多拠点展開が可能になります。

2) セキュリティニーズへの対応
昨今の情報漏洩事件を背景に、企業内でのさらなる情報統制が求められるようになっています。

FOBAS CSC Ver.3.0では、ファイルシステムレベルでのPOSIX ACLによるきめの細かいアクセス権設定、およびファイルアクセスログ機能をサポートし、ご利用のサービスインタフェースに依存しない高い情報統制機能を提供します。マルチノード構成時も、単一のサーバから全てのノードの設定、管理が可能になります。

3) クラウド時代に適したシンプルなライセンス体系
従来、買取方式と最低利用期間の制限がある月額サブスクリプションで提供しておりましたが、最低利用期間制限を無くし月額サブスクリプションに一本化します。
また、従来とのお支払いの互換性を考慮し、初期費用をお支払いいただく事でお得な費用でご利用がいただける年間サブスクリプションをご用意しました。追加のクラスタノードには、クラスタノードオプションを用意し、月額オプション費用で利用可能です。変動する負荷に柔軟に対応するクラウドならではのライセンスとなっております。

 

■FOBAS CSC特長
1) 多彩なサービスインタフェースを提供
企業内で一般的に利用されるCIFS、NFS、FTP、iSCSI、および、WebDAVをサポートします。ユーザはクラウドストレージの入出力仕様を意識する事なくWindows(R)エクスプローラ、Mac Finder、スマートフォン、タブレット端末などからネットワーク・ドライブとしてクラウドストレージを利用できるようになります。

2) 快適なパフォーマンス
オンプレミスで設置されたFOBAS CSCは、そのストレージ・キャッシュ機能により、クラウドストレージを高速なローカル・ネットワーク・ストレージとして利用できるようにします。キャッシュはLRUアルゴリズムで管理され、頻繁に使うデータは常にキャッシュにあり、快適なパフォーマンスで利用できます。

3) 強固なセキュリティ、データ保全性
FOBAS CSCは、データを一定のブロックサイズに分割し、冗長ブロックを付与しAES 256bitの暗号化後に、複数のクラウド・ストレージに分散配置します。暗号化鍵はお客様自身が任意のデバイスで管理できます。クラウド・ストレージ側の不測の事態による情報漏えいや、アクセス不備に対し万全の対策を提供します。

4) 完全にスケーラブルで伸縮自在なファイルシステムを構築可能
クラウドオブジェクトストレージとの組み合わせにより、理論上、最大4EB(エクサバイト)まで拡張可能な仮想的なファイルシステム空間が実現可能です。今後ますます増え続けるデータストレージの需要に、オンデマンドで伸縮自在なファイルシステムを提供します。

5) 国内外の主要なクラウドストレージサービス、
オブジェクトストレージに対応
FOBAS CSCは、国内外の主要なクラウドストレージサービス事業者、およびオブジェクトストレージ製品への接続をサポートし、また積極的に追加対応を進めています。
最新のストレージ対応状況は、当社Webサイトにてご確認ください。

 

詳しい機能に関しましては、
当社Webサイト( http://www.fobas.jp/products.html )をご覧ください。

※1 クラウドストレージゲートウェイ製品における当社調べ。
※2 複数のノードで非同期マルチマスタレプリケーションを行うファイルシステム。詳しくは、当社ホームページ掲載のホワイトペーパーをご覧ください。

 

FOBAS CSC 3.0の販売開始にあたり、パートナー様よりエンドースメントを頂戴しております。

■クラウディアン株式会社 代表取締役 太田 洋様
クラウディアン株式会社は、FOBAS CSC 3.0の販売開始を心から歓迎します。

当社では、S3互換オブジェクトストレージシステムを構築できるパッケージソフトウェア製品である、Cloudian HyperStoreを提供しております。FOBAS CSCはV1.0の販売開始当初より、Cloudian HyperStoreとの接続をサポートしており、既に多くのお客様での接続実績を持つソリューションです。両社製品の組み合わせは、プライベートクラウドでのスケーラブルなオブジェクトストレージ環境構築を検討されるお客様に最適なソリューションを提供できるものと確信しております。

■東洋ソフトウェアエンジニアリング株式会社 代表取締役社長 田中 明弘様
東洋ソフトウェアエンジニアリング株式会社では、FOBAS CSC Ver.3.0の販売開始を心から歓迎します。

当社では、Microsoft(R)が提供するクラウドサービスを利用したソリューションサービス「DOLUC」をご提供しております。

Microsoft(R) Azure(TM)が提供するストレージサービスとFOBAS CSCの組み合わせにより、お客様の企業内データ管理にかかるコストと負荷を低減する、付加価値の高いソリューションを提供できるものと期待しております。

 

■クラウド・ストレージ・ゲートウェイについて
クラウド・ストレージ・ゲートウェイとは、SOAPやRESTで実装されるクラウド・ストレージ専用のAPIを一般的なCIFSやNFS、iSCSIなどのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。

データ圧縮や重複排除、キャッシュ機能によりクラウド・ストレージ利用時のコストを削減し、パフォーマンス、セキュリティを向上させる事が可能です。

 

■FOBASコンサルティング株式会社について
FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品のパイオニアです。
詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト( http://www.fobas.jp/ )をご参照ください。

 

■本リリースに関するお問い合わせ
FOBASコンサルティング株式会社
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目18番6号 クロスオフィス内幸町607
E-mail: sales@fobas.jp

 


お客様各位

本社オフィス移転のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび弊社は本社オフィスを下記の通り移転いたしましたので、ご案内申し上げます。
これを機に、より一層皆様のご期待に添えるよう努めてまいりますので、今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

敬具

平成25年9月吉日

FOBASコンサルティング株式会社
代表取締役 松下 悟

新住所: 〒105-0003
東京都港区西新橋一丁目18番6号 クロスオフィス内幸町607
電話番号: 03-6206-1305(代表)
業務開始日: 平成25年9月30日(月)

以上


報道関係者各位
プレスリリース

2013年01月29日

FOBASコンサルティング株式会社

FOBASコンサルティング、
クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の最新版を販売開始
~国内外の主要なクラウド・ストレージ・サービスに対応~

FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、提供するクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBAS クラウド・ストレージ・キャシュ(R)」(以下、FOBAS CSC)の最新版であるバージョン2.0の販売を、2013年1月31日(木)より開始いたします。

■背景
ビッグデータ時代のスケーラブルでオンデマンドなストレージとして、クラウド・ストレージへの期待が高まっています。それに伴いクラウド・ストレージを安全、快適、かつ経済的に利用するためのクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品にも注目が集まっています。

FOBASは、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービス提供開始、2011年7月には、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ・アプライアンスのコミュニティ版を無償提供開始、2011年9月には国産初の商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の出荷を行い、マーケットをリードして参りました。

■最新版機能詳細

1) 国内外の主要なクラウド・ストレージ事業者および製品に対応

ビッグデータ時代を背景に、多くの事業者がクラウド・オブジェクト・ストレージサービスの提供を始めております。FOBAS CSC 2.0 では、国内外の主要な事業者および製品への接続をサポートしています。

- Amazon Web Service S3(Simple Storage Service)
- Google Drive(旧Google Docs)
- ニフティクラウドストレージ
- Yahoo!クラウド ストレージ
- クララオンラインオブジェクトストレージサービス
- NTTコミュニケーションズ Bizホスティング Cloudn Object Storage(New!)
- 富士通 FGCP / S5 オブジェクトストレージサービス(New!)
- Windows Azure BLOB ストレージ(New!)
- IDCフロンティア 分散ストレージサービス powered by Yahoo! JAPAN(New!)
- クラウディアン Cloudian
- Basho Technologies, Inc. Riak(New!)
- Hadoop HDFS

2) より多様な提供形態と、販売方式

従来、OVF形式の仮想マシンアプライアンスとして提供して参りましたが、新たにSOHO Editionとして、専用ハードウェアにソフトウェアとクラウドサービスを組み込み済みで、2TBまでの容量が利用可能なハードウェアアプライアンスの提供を開始します。

また、販売方式に関しても従来の買取モデルに加えて、サブスクリプションモデルでの提供を行います。

3) より簡単、安心、安全に

- パラメータの自動チューニング
従来コントロールパネルからの設定が必要であった、パフォーマンスに関わるパラメータを自動的に最適化します。

- スナップショット&リストア、セキュリティキーバックアップ機能の提供
FOBAS CSCに格納されたデータのスナップショット(定点バックアップ)を取得する事が可能になりました。万が一、FOBAS CSCが何かしらの障害で利用出来なくなった場合、保存されたセキュリティキーがあれば、新しいFOBAS CSCインスタンスを構築して、セキュリティキーをリストアする事で、スナップショットからファイルシステムを復元する事が可能です。

- ウィルスチェック機能の提供(Enterprise Editionにて提供)
インターネット経由でのウィルスに汚染されたファイルの格納を防ぐために、WebDAV I / F経由で格納されたファイルのウィルススキャンを行います。

- POSIX ベースの ACLをサポート
Windows エクスプローラなどから、直接ファイルのアクセス権を設定する事が可能です。

■FOBAS CSC 特長

1) 多彩なサービスインタフェースを提供

企業内で一般的に利用されるCIFS、NFS、FTP、iSCSI(予定)、および、WebDAVをサポートします。ユーザはクラウド・ストレージの入出力仕様を意識する事なく、Windowsエクスプローラ、Mac Finder、スマートフォン、タブレット端末などからネットワーク・ドライブとしてクラウド・ストレージを利用できるようになります。

ユーザ管理データベースとして、CIFSでは、Active Directory(LDAP)と、NFSではNISとの連携をサポートします。

2) 快適なパフォーマンス

オンプレミスで設置された FOBAS CSC は、そのストレージ・キャッシュ機能により、クラウド・ストレージを高速なローカル・ネットワーク・ストレージとして利用できるようにします。キャッシュはLRUアルゴリズムで管理され、頻繁に使うデータは常にキャッシュにあり、快適なパフォーマンスで利用できます。

3) 完全にスケーラブルで伸縮自在なファイルシステムを構築可能

クラウドオブジェクトストレージとの組み合わせにより、理論上、最大4EB(エクサバイト)まで拡張可能な仮想的なファイルシステム空間が実現可能です。今後ますます増え続けるデータストレージの需要に、オンデマンドで伸縮自在なファイルシステムを提供します。

従来のNASや、Windowsサーバで構築されたファイルサーバにありがちだった、物理ストレージの上限による制限、データ増大によるファイルシステム再構成に伴うサービス停止などが発生しません。

4) 利用コストの削減

FOBAS CSCは、格納されたデータを圧縮し、ブロック単位での重複を排除してクラウド・ストレージに格納する事で、クラウド・ストレージの利用コストを削減する事が可能です。また、ストレージ・キャッシュ機能により、クラウド・ストレージへのデータ入出力を削減し、通信コストを削減します。

詳しい機能に関しましては、弊社 Webサイト( http://www.fobas.jp/products.html )をご覧ください。

FOBAS CSC 2.0の販売開始にあたり、多くのパートナー様よりエンドースメントを頂戴しております。

■ニフティ株式会社 クラウド事業部長 上野 貴也 様
ニフティ株式会社では、FOBAS CSC 2.0 の販売開始を心から歓迎します。

FOBAS CSC 2.0とニフティクラウドストレージの組み合わせは、データ量が爆発的に増大するビックデータ時代のお客様に高い柔軟性と経済性をご提供します。

今回の機能追加により、さらに簡単で便利にニフティクラウドストレージをご利用いただけるようになるものと確信しております。

ニフティ株式会社は、FOBASコンサルティング株式会社と共にビックデータ時代におけるクラウド・ストレージの活用を推進してまいります。

■株式会社IDCフロンティア 取締役 ビジネス推進本部長 中山 一郎 様
IDCフロンティアは、FOBASコンサルティング様の「FOBAS CSC 2.0」の販売開始を心より歓迎いたします。

この度のFOBAS CSC 2.0では、2013年1月29日より先行提供を開始した、米国Basho Technologies, Inc.が持つ「Riak CS」を採用した拠点分散型クラウドストレージサービスである「IDCフロンティア 分散ストレージサービス powered by Yahoo!JAPAN」との接続テストを完了しており、高い堅牢性と可用性を持つIDCF分散ストレージが、お客様に安心してお使いいただけるクラウドストレージサービスの一つとして提供できるものと確信しております。

今後もIDCフロンティアは総合ITインフラプロバイダーとして安心と信頼のIT基板を提供し、お客様の満足度向上に貢献していきたいと考えております。

■NTTコミュニケーションズ株式会社 クラウドサービス部 ホスティング&プラットフォームサービス部門 担当部長 奥平 進 様
NTTコミュニケーションズ株式会社では、FOBAS CSC 2.0の販売開始とBizホス
ティングCloudn Object Storageへの対応を心から歓迎します。

当社では、2012年3月よりパブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn(クラウド・エヌ)」を提供し、同年10月よりオブジェクトストレージサービス「Bizホスティング Cloudn Object Storage」をサービスメニューに追加し提供を行っております。

FOBAS CSC 2.0との接続がサポートされた事により、お客様がより様々なシーンでクラウド・ストレージを利用していただきやすくなるものと期待しております。

■富士通株式会社 サービスビジネス本部 クラウドビジネス推進室長 横山 耕三 様
富士通株式会社では、FOBAS CSC 2.0の販売開始とFGCP / S5オブジェクトストレージへの対応を心から歓迎します。

当社では、信頼性とサポート力でお客様より高いご評価をいただいているクラウド・コンピューティング・プラットフォームFGCP / S5に、2013年2月よりオブジェクトストレージサービスをメニューに追加提供させていただく予定です。

FOBAS CSCはクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品として当社サービスにいち早く対応し、より使いやすいソリューションとしてお客様に提供可能になる事を期待しております。

■クラウディアン株式会社 CEO 太田 洋 様
クラウディアン株式会社は、FOBAS CSC 2.0の販売開始を心から歓迎します。

当社では、S3互換オブジェクトストレージシステムを構築できるパッケージソフトウェア製品である、Cloudianを提供しております。

FOBAS CSC は V1.0の販売開始当初より、Cloudianとの接続をサポートしており、既に多くのお客様での接続実績を持つソリューションです。両社製品の組み合わせは、プライベートクラウドでのスケーラブルなオブジェクトストレージ環境構築を検討されるお客様に最適なソリューションを提供できるものと確信しております。

■FOBAS CSC 推奨販売価格(消費税別)

<買取モデル>
FOBAS CSC Standard Edition  ¥198,000 / サーバ 保守費用 ¥ 39,600 / サーバ / 年
FOBAS CSC Enterprise Edition ¥498,000 / サーバ 保守費用 ¥ 99,600 / サーバ / 年
FOBAS CSC Data Center Edition ¥998,000 / サーバ 保守費用 ¥199,600 / サーバ / 年

<サーバサブスクリプションモデル>
FOBAS CSC SOHO Edition    ¥19,800 / サーバ / 月(最低契約期間12カ月)
FOBAS CSC Standard Edition  ¥19,800 / サーバ / 月(最低契約期間12カ月)
FOBAS CSC Enterprise Edition ¥49,800 / サーバ / 月(最低契約期間12カ月)
FOBAS CSC Data Center Edition ¥99,800 / サーバ / 月(最低契約期間12カ月)

■クラウド・ストレージ・ゲートウェイについて
クラウド・ストレージ・ゲートウェイとは、SOAPやRESTで実装されるクラウド・ストレージ専用のAPIを一般的なCIFSやNFS、iSCSIなどのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。

データ圧縮や重複排除、キャッシュ機能によりクラウド・ストレージ利用時のコストを削減し、パフォーマンス、セキュリティを向上させる事が可能です。

■FOBASコンサルティング株式会社について
FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品のパイオニアです。
詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト( http://www.fobas.jp/ )をご参照ください。

■本リリースに関するお問合わせ
FOBASコンサルティング株式会社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
TEL  : 03-6868-7295
FAX  : 050-3488-6890
E-mail: sales@fobas.jp


報道関係者各位
プレスリリース

2011年11月29日
FOBASコンサルティング株式会社
FOBAS CSC(クラウド・ストレージ・キャッシュ)、
ニフティクラウドストレージ対応を開始
~ クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品初 ~

 

FOBAS コンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)は、提供するクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBAS Cloud Storage Cache」(以下、FOBAS CSC)と接続可能なクラウド・ストレージの一つとして、ニフティ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:今村 隆、以下 ニフティ)が提供する、ニフティクラウドストレージを追加、サポートを開始いたします。

 

■背景

データ爆発時代のスケーラブルでオンデマンドなストレージとして、クラウド・ストレージへの期待が高まっています。それに伴いクラウド・ストレージを安全に、経済的に利用するためのクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品にも注目が集まっています。

FOBAS は、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービス提供開始、2011年7月には、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ・アプラ イアンスのコミュニティ版を無償提供開始、2011年9月には国産初の商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の出荷を行い、マーケットをリードして 参りました。

ニフティクラウドは、サービス開始から1年10ヶ月で1,000社以上のお客様に導入いただいている、パブリック型クラウド コンピューティングサービスです。2011年9月にサービス開始したニフティクラウドストレージは、国内事業者としての特長(低レイテンシ、高いセキュリ ティ)からマーケットの高い期待を集めています。

 

■新サービス詳細

今回、FOBAS CSCがニフティクラウドストレージへの接続・サポートを開始する事で、容量が伸縮自在で従量課金でも利用が可能なニフティクラウドストレージに、以下の付加価値を提供する事が可能になります。

1) 多彩なサービスインタフェースを提供

企 業内で一般的に利用されるCIFS、NFS、FTP、および、インターネット越しのファイルサーバ・プロトコルとして業界標準であるWebDAVをサポー トします。ユーザは、ニフティクラウドストレージのREST APIインタフェースを意識する事なく、Windows のFileエクスプローラ、Mac Finder、iPhone、iPad などから直接、ネットワーク・ドライブとしてニフティクラウドストレージを利用できるようになります。

CIFS では、Active Directory(LDAP)と、NFSではNISとの連携を可能にし、ユーザとアクセス制御の管理性を向上しています。加えて、NAS製品のバック アップ用途として利用が多い、rsync over sshや、汎用ディスクデバイスとしての利用インタフェースであるiSCSIの対応を予定しています。

2) 快適なパフォーマンス

オ ンプレミスで設置されたFOBAS CSCは、そのストレージ・キャッシュ機能により、ニフティクラウドストレージを高速なローカル・ネットワーク・ストレージとして利用できるようになりま す。キャッシュはLRUアルゴリズムで管理され、頻繁に使うデータは常にキャッシュにあり、快適なパフォーマンスで利用できます。

3) 完全にスケーラブルで伸縮自在なファイルシステムを構築可能

ニフティクラウドストレージとの組み合わせにより、理論上、最大600ZB(ゼタバイト)まで拡張可能な仮想的なファイルシステム空間が実現可能です。今後ますます増え続けるデータストレージの需要に、オンデマンドで伸縮自在なファイルシステムを提供します。
従来のNASや、Windowsサーバで構築されたファイルサーバにありがちだった、物理ストレージの上限による制限、データ増大によるファイルシステム再構成に伴うサービス停止などが発生しません。

4) 利用コストの削減

FOBAS CSCは、格納されたデータを圧縮し、ブロック単位での重複を排除してクラウド・ストレージに格納する事で、クラウド・ストレージの利用コストを削減する 事が可能です。扱うデータの種類に依存しますが、一般的にはストレージの利用容量を3分の1から10分の1程度に削減可能です。
また、ストレージ・キャッシュ機能により、クラウド・ストレージへのデータ入出力を削減し、通信コストを削減します。

詳しい機能に関しましては、弊社 Webサイト( http://www.fobas.jp/products.html )をご覧ください。

 

■ニフティ株式会社 クラウド事業部長 蔵原 寛 様

ニフティ株式会社では、FOBAS CSCの「ニフティクラウドストレージ」への対応開始を心から歓迎します。

当社では、2010年1月よりパブリック型クラウドコンピューティングサービス「ニフティクラウド」を提供し、2011年9月より新たに、スケーラブルでオンデマンドなストレージサービスである「ニフティクラウドストレージ」を提供開始しております。

両 社が提供する製品、サービスの連携により、スケーラブルでオンデマンドでありながら、サーバにマウントが可能で使いやすく、高性能、高信頼性、高セキュリ ティなストレージサービスをリーズナブルなコストで提供できるようになり、データ爆発時代の企業へのクラウド・ストレージの導入がより一層加速されるもの と期待しています。

 

■ニフティクラウドについて

「ニフティクラウド」は、仮想化されたコンピューティングリソースを必要なときに必要な分だけ、オンデマンドで利用できるパブリック型クラウドコンピューティングサービスです(2011年10月末現在の利用社数:1,000社以上)。主な特長は以下の通りです。

1.柔軟かつスピーディーなサーバの増強と縮退
利用状況に応じて、サーバの追加・削除や、スペック変更などの操作を、Web上のコントロールパネル(管理画面)からオンデマンドで柔軟に対応
2.初期費ゼロ・柔軟な料金プラン
初期費ゼロ、利用時間に応じた従量課金と毎月一定の料金で利用可能な月額料金で、利用シーンにあった料金プランの選択が可能
3.APIを利用した外部アプリケーションとの連携
サーバやディスクの作成・起動・停止やステータス参照などの操作を、外部プログラムから実行可能
4.高信頼国内データセンターでの運用
堅牢なファシリティと厳重なセキュリティ対策が施された高信頼国内データセンターでの運用

 

■クラウド・ストレージ・ゲートウェイについて

クラウド・ストレージ・ゲートウェイとは、SOAPやRESTで実装されるクラウド・ストレージ専用のAPIを一般的なCIFSやNFS、iSCSIなどのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。

データ圧縮や重複排除、キャッシュ機能によりクラウド・ストレージ利用時のコストを削減し、パフォーマンス、セキュリティを向上させる事が可能です。

 

■FOBASコンサルティング株式会社について

FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品のパイオニアです。詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト( http://www.fobas.jp/ )をご参照ください。

 

■本リリースに関するお問合わせ

FOBASコンサルティング株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
TEL  : 03-6868-7295
FAX  : 050-3488-6890
E-mail: sales@fobas.jp


株式会社クララオンライン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎、
以下 クララオンライン) は、FOBASコンサルティング株式会社 (所在地:東京都
渋谷区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)が提供するクラウド・ストレージ・
ゲートウェイ製品「FOBAS Cloud Storage Cache」を利用した、ファイルサーバ・
サービスを、2011年10月1日から提供開始いたします。

データ爆発時代に対応する、スケーラブルでオンデマンドなストレージとして、
クラウド・ストレージへの期待が高まっています。クララオンラインは、より
経済的なストレージ・サービスの提供を目指し、従来からジェミナイ・モバイル・
テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田洋、以下「Gemini」)
のCloudian(TM)を利用したクラウド・ストレージ・サービスを提供して参りました。

Amazon S3 の利用インタフェースは、クラウド・ストレージの業界標準となりつつ
ありますが、一般的な企業ユーザからは、従来より企業内で使われているファイル
サーバ・プロトコル(CIFSやNFS、FTPなど)でのサービス提供が求められています。

今回、提供を開始するファイルサーバ・サービスは、クララオンラインがこれまで
提供してきた、Amazon S3準拠のクラウド・ストレージ・サービスをベースに、
FOBASが提供するクラウド・ストレージ・ゲートウェイ機能を採用し、利便性が高い
ファイルサーバ・プロトコルに変換してサービスを提供するものです。

従来の、様々なファイルサーバ・サービスと比較して、以下のような優位性があります。

1) 多彩なサービスインタフェースを提供
企業内で一般的に利用される CIFS, NFS, FTP および、インターネット越しの
ファイルサーバ・プロトコルとして業界標準である WebDAV をサポートします。
CIFS では、Active Directory (LDAP) 連携を可能にし、ユーザ管理性を向上
しています。加えて、NAS 製品のバックアップ用途として利用が多い,
rsync over ssh や、汎用ディスクデバイスとしての利用インタフェースである
iSCSI の対応を予定しています。

2) 完全にスケーラブルで伸縮自在なファイルサーバ・サービス
クララオンラインが提供するAmazon S3準拠クラウド・ストレージ・サービスとの
組み合わせにより、理論上、最大600ZB(ゼタバイト)まで拡張可能な仮想的な
ファイル・システム空間を提供します。レンタルサーバ系のファイルサーバ・
サービスにありがちだった、物理ストレージの上限による制限、データ増大に
よるファイル・システム再構成に伴うサービス停止などが発生しません。

3) 経済的な従量課金
一般的なファイルサーバ・サービスにありがちな段階的課金ではなく、ギガ
バイト単位での従量課金で利用可能です。小さく始めて大きく育てる、あるいは
容量変動性の高い需要において、無駄のない経済的な課金方式を提供します。

クララオンラインはアジアNo.1のインターネットプラットフォームカンパニーを
目指し、今後も革新的なサービスを提供して参ります。

■クラウド・ストレージ・ゲートウェイについて
クラウド・ストレージ・ゲートウェイとは、SOAP や REST で実装されるクラウド・
ストレージ専用のAPI を一般的な CIFS や NFS、iSCSI などのインタフェースに
変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。
データ圧縮や重複排除、キャッシュ機能によりクラウド・ストレージ利用時の
コストを削減し、パフォーマンス、セキュリティを向上させる事が可能です。

■クララオンライングループについて
クララオンライングループは、日本・シンガポール・中国・台湾・マレーシアの
5つの国と地域でサービスを提供しているインターネットサービス基盤事業者です。
詳細はクララオンラインのWebサイト(http://www.clara.ad.jp/)をご参照ください。

■FOBASコンサルティング株式会社 について
FOBASは、IT基盤、クラウド・コンピューティングを専門とするコンサルティング
会社であり、日本国内におけるクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品の
パイオニアです。詳細は、FOBASコンサルティング株式会社のWebサイト
(http://www.fobas.jp/) をご参照ください。

■ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社について
Geminiは、高性能なクラウド型のメッセージング・プラットフォームの
リーディング・プロバイダーであり、リアルタイム・ビッグデータとNOSQL
データベース技術のパイオニアです。東京、サ ンフランシスコ、北京に
オフィスがあります。詳細はWebサイト(http://www.geminimobile.jp/)
ご参照ください。

■本リリースに関するお問合わせ
株式会社クララオンライン Corporate Planning 古谷
(電話: 03-6704-0970/Email: press@clara.ad.jp)

FOBASコンサルティング株式会社 広報担当
(電話:03-6868-7295/E-mail: sales@fobas.jp )

ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社 経営企画室 本橋
(電話:03-5456-9486/Email: bigdata@geminimobile.com)


FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松下 悟、以下 FOBAS)
は、企業向けの商用クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品『FOBAS CSC Appliance Standard
Edition』を、2011年10月1日から販売開始いたします。

■背景

データ爆発時代のスケーラブルでオンデマンドなストレージとして、Amazon S3などに代表される
クラウド・ストレージへの期待が高まるにつれ、それらクラウド・ストレージを安全に、経済的に
利用するためのクラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品に注目が集まっています。

FOBASは、そのマーケットにいち早く注目し、2011年3月にSaaSでのサービス提供開始、2011年
7月には、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ・アプライアンスのコミュニティ版を無償提供
開始し、マーケット・アウェアネスの向上と製品品質の向上に努めて参りました。

■新製品詳細

今回、提供を開始する「FOBAS CSC Appliance Standard Edition」(以下 FOBAS CSC)は、
これまでのFOBASが蓄積してきたナレッジを集約し、日本国内で初となる企業向け商用クラウド・
ストレージ・ゲートウェイ製品です。
クラウド・ストレージを便利に、安全に、高性能に、経済的に利用可能とする事で、企業のクラ
ウド・ストレージ導入を促進します。

従来の、FOBAS CSCコミュニティ版と比較して、以下の新機能を提供します。

1) 多彩なサービスインタフェースを提供

従来提供していたWebDAV(RFC4918)に加え、企業内で一般的に利用されるCIFS、NFS、FTPでの
利用をサポートします。CIFSでは、Active Directory(LDAP)連携を可能にし、ユーザ管理性を
向上しています。加えて、NAS製品のバックアップ用途として利用が多い、rsync over sshや、
汎用ディスクデバイスとしての利用インタフェースであるiSCSIの対応を予定しています。

2) 完全にスケーラブルな高性能ストレージ

クラウド・ストレージの利用容量、およびキャッシュ容量の制限をなくし、理論上、最大600ZB(ゼ
タバイト)まで拡張可能な高性能ネットワーク・ストレージとして利用可能になりました。

3) セキュリティ・信頼性の向上

暗号化強度の向上(AES256bit)、クラスタ対応、有償サポート・サービスの提供、メタデータ・
バックアップ・サービスの提供を行い、企業内での利用に耐えうるセキュリティと信頼性を向上
させました。

4) 多彩な仮想マシン・コンテナに対応

VMwareをはじめ、XenServer、KVMなど、多彩な仮想マシンに対応し、企業内のご利用環境に柔軟
に適用可能です。

5) プライベード・クラウド対応

利用可能なストレージ・サービスとして、Amazon S3互換のクラウド・ストレージ・システムで
ある、ジェミナイ・モバイル社のCloudianを追加し、プライベート・クラウド環境でのスケーラ
ブルなネットワーク・ストレージとして利用可能となりました。

■推奨販売価格(消費税別)

FOBAS CSC Community Edition   無償   保守サービスの設定無し
(クラウドストレージ200GBまでの制限付き)

FOBAS CSC Standard Edition  ¥198,000- 年間保守費用:¥39,600-

FOBAS CSC Enterprise Edition ¥498,000- 年間保守費用:¥99,600-
2012年3月販売開始予定

製品毎の機能差異に関しましては、弊社 Webサイト( http://www.fobas.jp/products.html )
をご覧ください。

■Cloud Storage Gatewayについて(出典:Wikipedia)

Cloud Storage Gatewayとは、SOAPやRESTで実装されるクラウド・ストレージ専用のAPIを
一般的なCIFSやNFS、iSCSIなどのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・
アプライアンス、もしくはサーバです。

ガートナーグループの2011年のレポートによれば、Cloud Gatewayは、クラウド利用時のコスト
を削減し、セキュリティを向上する事で、クラウド・ストレージの利用を促進させる事が期待
されています。

Taneja Group Inc.のアナリストは、Cloud Gatewayアプライアンスのマーケットは、2010年
の1,100万ドルから、2014年には、4億ドルのマーケットに成長すると予想しています。

■会社概要
会社名 : FOBASコンサルティング株式会社
創業者 : 代表取締役 松下 悟
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
事業内容: IT基盤構築・運用に関する製品、保守、コンサルティングの提供
URL   : http://www.fobas.jp/

■本件に関するお問合わせ先
FOBASコンサルティング株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
TEL  : 03-6868-7295
FAX  : 050-3488-6890
E-mail: sales@fobas.jp


FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下 悟)は、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBAS クラウド・ストレージ・キャッシュ(FOBAS CSC)」を利用した『オンライン・ストレージのSaaSサービス(以下:FOBAS CSC SaaS版)』を、2011年8月31日(水)から一部無償にて提供開始いたします。

■ 背景

スマートフォン、タブレット端末の合計出荷台数がPCの出荷台数を超えるなど、データを扱うデバイスの多様化が進んでいます。さらにネットワークインフラの成熟と相まって、いつでも、どこでも、必要な情報にアクセスできる環境が整いつつあります。

具体的には、一人の方がこれらのデバイスを複数利用して、ビジネスやプライベートの様々なシーン、場所からデータを扱うようになっています。

そのような背景の中、様々なデバイスからいつでも、どこでもデータを利用できるオンラインストレージに注目が集まっています。

現在、Dropbox、SugerSync、Evernote などの同期型オンライン・ストレージが大きなブームになっていますが、利用シーンによっては以下のような懸念がある事も事実です。

◎アプリケーションのインストール
同期型オンライン・ストレージでは、お使いになるデバイスに専用アプリケーションをインストールする必要があります。これは一見、非常にシンプルなソリューションですが、企業が所有するデバイスなど、アプリケーションのインストールが制限された環境では利用ができません。

◎全ての利用デバイスにデータが存在
お 使いになる全てのデバイスに、オンライン・ストレージに存在する全てのデータのコピーを持つことになります。これは、お使いのデバイスのディスクを必要以 上に消費してしまう事になりますし、デバイスの盗難、紛失時の情報漏えいリスクがデバイス数に応じて高まる事になります。

◎ストレージの容量、ファイルサイズの制限
ストレージ容量が、お使いになるデバイスで最も少ないディスクの容量に制限されるためデータの成長に応じた容量の拡大に制限があります。また単一ファイルの最大サイズにも制限があります。

◎データの同期による問題
扱うデータ量が増えるにつれて、同期処理に時間がかかり、データ更新の遅延が発生するリスクが増えます。さらに、複数デバイスから同一の情報を更新した場合の競合解消は複雑で、更新した情報の欠損を招くリスクがあります。

■ サービス詳細

今回、提供を開始する『FOBAS CSC SaaS版』は、FOBASが提供する企業導入型のソフトウェア・アプライアンス製品である、FOBAS CSCを利用した、“個人向けオンライン・ストレージ・サービス”です。

この度、従来の料金プランに加えて、月間200MBの通信容量の制限はありますが、データ容量の制限無しでご利用いただける無料のプランを新規に提供いたします。

FOBAS CSC SaaS版は、先述の同期型オンライン・ストレージとは異なる、以下のソリューションを提供します。

1) WebDAV インタフェースの採用

FOBAS CSC SaaS版は、クライアント・インタフェースとして、インターネットでファイルを扱う業界標準であるWebDAV(RFC4918)を採用しています。こ れにより、PCなどの一般的なデバイスからは、特別なアプリケーションをインストールする必要がなく、標準の機能(Windows ファイルエクスプローラやMac Finder)から利用できます。
スマートフォン、タブレット端末からの利用時も、標準に準拠したWebDAV クライアントアプリケーションをひとつインストールするだけでご利用いただけます。

2) サーバによるデータの一元管理

FOBAS CSC SaaS版は、データをサーバに置き必要なタイミングでネットワーク経由で利用します。そのため、常に一元化された最新の情報を利用でき、かつ利用するデバイスには情報のコピーが存在しないため、盗難、紛失時の情報漏えいリスクを最小に抑えます。

3) ストレージ容量の制限が無い

FOBAS CSC SaaS版は、利用可能なストレージ容量が、利用するデバイスのディスク容量に制限されることはありません。理論上600ZB(ゼタバイト)まで、スケーラブルにストレージ容量を増やす事が可能で、お客様のデータニーズの増加に柔軟に対応できます。
単一のファイルサイズも最大2TBまで格納できます。

さらに、従来のWebDAV型オンライン・ストレージと比較して以下の特長があります。

4) 大容量・低価格

FOBAS CSC SaaS版は、利用者自身がデータの格納先として利用するクラウド・ストレージを複数登録する事が可能です。
例えば、クラウド・ストレージとしてGmailを利用する事で、コストを一切かけずに大規模なオンライン・ストレージとして利用する事が可能です。

5) 快適なパフォーマンス

FOBAS CSC SaaS版は、ストレージ・キャッシュ機能を提供し、高速なファイル・アクセスを提供します。データの格納先として利用するクラウド・ストレージの性能の 影響は受けません。キャッシュはLRUアルゴリズムで管理され、頻繁に使うデータは常にキャッシュにあり、快適なパフォーマンスで利用できます。

6) 高いセキュリティ

FOBAS CSC SaaS版は、格納されたデータを一定のブロックサイズに分割し、それぞれ独立した256bitの暗号化鍵にてAES方式で暗号化し、複数のクラウド・ス トレージに分散配置します。クライアントデバイスからストレージとの通信も、全てSSL対応をしておりますので、通信経路でデータが盗み見られる事はあり ません。
また、FOBAS CSC SaaS版は日本国内のデータセンタにて、厳格に管理・運用されており、海外法の影響を受けません。

詳しい機能に関しましては、弊社Webサイト( http://www.fobas.jp/products.html )をご覧ください。

■販売価格(消費税込み)

データの実際の格納先として利用するクラウド・ストレージ・サービスを利用者自身が登録するストレージ無しコースと、Amazon S3サービスを設定済みのストレージ付きコースがあります。

<ストレージ無しコース>
通信容量 キャッシュ容量 ストレージ容量 月額利用料
200MB   200MB      無制限      無償
1GB   500MB      無制限      300円
3GB   1.5GB      無制限      700円
10GB    5GB      無制限     1,800円
30GB    15GB      無制限     4,200円
100GB    50GB      無制限     10.800円

<ストレージ付きコース>
通信容量 キャッシュ容量 ストレージ容量 月額利用料
200MB   200MB       1GB       無償
1GB   500MB       10GB       500円
3GB   1.5GB       30GB      1,200円
10GB    5GB      100GB      3,000円
30GB    15GB      300GB      7,200円
100GB    50GB       1TB      18.000円

■ Cloud Storage Gatewayについて (出典:Wikipedia)

Cloud Storage Gatewayとは、SOAPやRESTで実装されるクラウド・ストレージ専用のAPIを一般的なCIFSやNFS、iSCSIなどのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。

ガートナーグループの2011年のレポートによれば、Cloud Gatewayは、クラウド利用時のコストを削減し、セキュリティを向上する事で、クラウド・ストレージの利用を促進させる事が期待されています。

Taneja Group Inc.のアナリストは、「Cloud Gatewayアプライアンスのマーケットは、2010年の1,100万ドルから、2014年には、4億ドルのマーケットに成長する」と予想しています。

■ 会社概要
会社名 : FOBASコンサルティング株式会社
創業者 : 代表取締役 松下 悟
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
事業内容: IT基盤構築・運用に関する製品、保守、コンサルティングの提供
URL   : http://www.fobas.jp/

■ 本件に関するお問い合わせ先
FOBASコンサルティング株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
TEL  : 03-6868-7295
FAX  : 050-3488-6890
E-mail: sales@fobas.jp


FOBASコンサルティング株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下 悟、以下 FOBAS)は、クラウド・ストレージ・ゲートウェイ製品「FOBAS クラウド・ストレージ・キャッシュ(以下、FOBAS CSC )」のソフトウエア・アプライアンス製品を2011年7月31日から提供開始いたします。

■ 背景

データ爆発時代のスケーラブルでオンデマンドなストレージとして、Amazon S3 などに代表されるクラウド・ストレージの需要が高まっています。しかしながら、一般的なクラウド・ストレージを企業内で利用する場合には、以下のような課題がありました。

◎パフォーマンス
クラウド・ストレージはインターネット経由で利用するため、インターネットへの接続速度の制限を受けます。企業内のイントラネット経由で利用するNASなどのストレージと比較して、データの入出力性能が劣ります。

◎セキュリティ
パブリック・クラウドサービスは、誰もが自由に利用できる環境であるため、多くの顧客が保存されたデータの漏えいに対して不安を持っています。
米国事業者が提供するサービスでは、米国パトリオット法の対象となり、有事の際には事業者によりデータを開示されるリスクを負う事になります。

◎コスト
クラウド・ストレージは、ハードウェアの購入費用や運用コストがかからないため、IT資産の削減、キャッシュフローの改善、省電力などの効果がありますが、定常的に利用するケースにおいてTCO視点での効果はそれほど高く無い事は良く知られています。
また、利用する際の通信費用も思いのほか大きなコスト負担となります。

◎インタフェース
一般的なクラウド・ストレージは、専用のWebページからアップロード・ダウンロードなどの操作を行うか、API を利用した専用のプログラムをインストールして利用する必要があります。

■ 新製品詳細

今回、提供を開始する「FOBAS CSC」は、企業内に設置する事で、クラウド・ストレージを便利に、安全に、高性能に、経済的に利用するためのソフトウェア・アプライアンス製品です。

従来の、企業内でクラウド・ストレージを利用する際の様々な課題に、以下のソリューションを提供します。

1) 快適なパフォーマンス

FOBAS CSC は、ストレージ・キャッシュ機能を提供し、イントラネットに設置された高速なネットワーク・ストレージとして利用できるようになります。キャッシュは LRUアルゴリズムで管理され、頻繁に使うデータは常にキャッシュにあり、快適なパフォーマンスで利用できます。

2) 高いセキュリティ

FOBAS CSC は、格納されたデータを一定のブロックサイズに分割し、それぞれ独立した256bit (Community Editionは、128bit) の暗号化鍵にて AES 方式で暗号化し、複数のクラウド・ストレージに分散配置します。鍵は FOBAS CSC が厳重に管理しますので、仮に、クラウド・ストレージの中身を盗み見られたとしても、内容を解読する事はできません。

3) クラウド・ストレージ利用コストの削減

FOBAS CSC は、格納されたデータを圧縮し、ブロック単位での重複を排除してクラウド・ストレージに格納しますので、クラウド・ストレージの利用コストを削減する事が 可能です。扱うデータの種類に依存しますが、一般的にはストレージの利用容量を3分の1から10分の1程度に削減可能です。
また、ストレージ・キャッシュ機能により、クラウド・ストレージへのデータ入出力を削減し、通信コストを削減します。

4) 多彩なサービスインタフェースの提供

FOBAS CSC は、標準で WebDAV (RFC4918) インタフェースを提供します。Windows のFile エクスプローラ、Mac Finder、iPhone、iPad などから直接、ネットワーク・ドライブとしてこれらのクラウド・ストレージを利用できるようになります。
将来提供予定の有償版 (Standard版、Enterprise版) では、企業内での利用を想定してCIFS、NFS、FTP、rsync over ssh、iSCSI、AD(LDAP) 連携などの対応を予定しています。

詳しい機能に関しましては、弊社 Webサイト ( http://www.fobas.jp/products.html ) をご覧ください。

■推奨販売価格(消費税別)

FOBAS CSC Community Edition 無償 保守サービスの設定無し
(クラウドストレージ200GBまでの制限付き)

FOBAS CSC Standard Edition ¥198,000- 年間保守費用:¥39,600-
2011年9月販売開始予定

FOBAS CSC Enterprise Edition ¥498,000- 年間保守費用:¥99,600-
2012年3月販売開始予定

製品毎の機能差異に関しましては、弊社 Webサイト ( http://www.fobas.jp/products.html ) をご覧ください。

■Cloud Storage Gateway について (出典:wikipedia)

Cloud Storage Gateway とは、SOAP や REST で実装されるクラウド・ストレージ専用のAPI を一般的な CIFS や NFS、iSCSI などのインタフェースに変換する、顧客導入型のネットワーク・アプライアンス、もしくはサーバです。

ガートナーグループの2011年のレポートによれば、Cloud Gateway は、クラウド利用時のコストを削減し、セキュリティを向上する事で、クラウド・ストレージの利用を促進させる事が期待されています。

Taneja Group Inc. のアナリストは、Cloud Gateway アプライアンスのマーケットは、2010年の1,100万ドルから、2014年には、4億ドルのマーケットに成長すると予想しています。
~ クラウド・ストレージを便利に、安全に、高性能に、経済的に利用するためのソフトウェア・アプライアンス ~
■会社概要
会社名 : FOBASコンサルティング株式会社
創業者 : 代表取締役 松下 悟
所在地 : 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
事業内容: IT基盤構築・運用に関する製品、保守、コンサルティングの提供
URL   : http://www.fobas.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
FOBASコンサルティング株式会社
〒150-0002 東京都渋谷区桜丘町15-14 フジビル40 5階
TEL  : 03-6868-7295
FAX  : 050-3488-6890
E-mail: sales@fobas.jp


ページトップへ戻る