お知らせ

FOBAS松下です。
久しぶりの更新です。

連休中に、CSC のバージョンアップを行いました。
おもな機能強化点は以下の通りです。

1) 重複排除機能の追加
最近のストレージ業界では大ブームのようです。
単純に、データをブロックで分割して同一データだった場合は
重複保存しないというものなのですが、とあるディスクベンダの
ベンチマークでは、なんと 1/20 ものデータ圧縮効果がある
との事。まぁ話半分としても、かなりの圧縮効果ですね。
これでまた、クラウドストーレジをそのまま利用するよりも、
FOBAS CSC を通して使う理由が強くなりました。

2) IMAP ストレージの再リリース
一時、メールサーバ側の制限に引っ掛かっていて、IMAP
ストレージの利用を停止していましたが、上手く回避可能な
実装ができましたので、再度リリースします。
gmail を使えば、7GB まで、先述の重複排除機能もあいまって
ひょっとすると100GB級のファイルサーバが、月額数100円で
利用できるようになるかも知れません。

3) パラレルクエリ機能のリリース
クラウドストレージからのデータ取得時に、複数スレッドで
並列読み込みを行う機能をリリースしました。
ユーザが設定するパリティレートの数で並列読み込みします。

4) クラウドストレージ・フェールオーバ機能のリリース
パリティレートを2以上に設定して、複数のクラウドストレージ
を登録して利用している場合、特定ストレージが停止、
もしくはスローダウン(10秒間応答がない場合)している場合に
パリティデータからデータを復旧する機能をリリースしました。

あとは、細かいBugFix です。

是非お試しください。


ページトップへ戻る