お知らせ

第六話:10分でクラウドにデータ移行するぞ!

   『おしえて、クリス先輩』は頼りないがヤル気だけはあるチャーリーがクリス先輩にクラウドの知識、CSCの仕様を教えてもらいながらクラウドにファイルサーバを構築する奮闘記である。

 

 

 

チャーリー

あたふた、あたふた(汗)

クリス先輩

いつも忙しそうだねぇ。今日はどうしたんだい?

チャーリー

あ、クリス先輩。んも~っ、大変です!

我が社のWeb受発注システムのH/W保守切れが迫っていて、クラウド化したファイルサーバが好評なものだから、このシステムもクラウド化できないかって。

クリス先輩

おっ、いいね!人気者っ!!

チャーリー

あ、いや、だって過去の注文履歴のデータだけでも10TBくらいあって、24時間365日稼働してるんですよ。(TT)

考えてみてくださいよ、クラウドはインターネット経由でデータを移行しないといけないんですよ。10TBのデータを転送するのに何日かかることやら。

その間、システムサービスを止めるか、少なくとも過去の注文データが参照できない事になります。あぁ、でもそんなのあり得ないし。

クリス先輩

大丈夫だよ。FOBAS DARPを使えば10分程度のサービス停止でクラウドに移行できるよ。

チャーリー

えええ~っ!!

クリス先輩

(しくみはここを見てね。)

ステップ1では、まず、オンプレミスにある FOBAS DARP にデータファイルをコピーするんだ。

コピーしたデータファイルは裏でクラウドの FOBAS DARP にゆっくりレプリケーションされているんだよ。その間、既存システムは稼働したままで大丈夫。

 

ステップ2では、いよいよ新環境に切替えするよ。

旧環境のシステムサービスを一時的に停止する。データファイルの更新差分を FOBAS DARP に同期して、クラウド側にレプリケーションするんだ。そしてクラウド側の業務アプリケーションにつなぎ先を切り替えてオンライン。その間僅か10分!

チャーリー

すごいですぅ~。(TT)

クリス先輩

でしょ~(^^)

予め、クラウドには業務アプリケーションはインストールしておくんだよ。

チャーリー

まるで、分身の術みたいですね。

あ、そういえば、クリス先輩って双子なんですよね。

クリス先輩

え、そうだけど・・・。

チャーリー

子供の頃、やりましたでしょ?分身の術。(^^)

クリス先輩

や、やってねーよ!

チャーリー

絶対やってますって~。(笑)

クリス先輩

いいから仕事しろって。

チャーリー

はぁーい。

 

 

 

 

 

To be continued(^^)


ページトップへ戻る