お知らせ

第七話:夏休みはウィルスにご注意

   『おしえて、クリス先輩』は頼りないがヤル気だけはあるチャーリーがクリス先輩にクラウドの知識、CSCの仕様を教えてもらいながらクラウドにファイルサーバを構築する奮闘記である。

 

 

 

チャーリー

のほほ~ん。

クリス先輩

あれ、今日は珍しくゆったりしてるね。(笑)

チャーリー

あ、クリス先輩。お盆休みでちょっとヒマしてますよ。社内も静かだし。

クリス先輩

そうだな~。すっかりお休みモードだなぁ。

お休みと言えば、この時期はマルウェアの検出数が増えるって知ってた?

チャーリー

それは。。。お休みで時間をもてあましている人がウィルスを仕掛けるからとか。

クリス先輩

確かにそういう可能性も否定できないけど。。。(^^;

休暇中はPCを停止するでしょ。マルウェアのパターンファイルが更新されないことで、休み明けにPCを起動したときに感染するリスクが高まるんだって。

あとは自宅で仕事するために外部記憶媒体でファイルを持ち出して、ウィルスを一緒に職場に持ち込むパターンが多いみたい。

チャーリー

ああ、そんな話を聞くと休み明けが憂鬱だなぁ。(TT)

そういえば、クラウドファイルサーバではウイルス対策はどうなってるんですか?

クリス先輩

FOBAS CSC では、標準で Clam AntiVirus
というウィルススキャンエンジンが組み込まれているよ。パターンファイルは11回自動的に更新されるようになっているから休暇中でも問題ないね。

自宅からファイルを使うなら外部媒体で持ち出すよりは、WebDAV I/F 経由で直接ファイルを編集した方がいいね。外部媒体のように紛失して情報漏えいするリスクはないし、自宅のPCにデータを保存する必要もない。

ファイルを更新する時にはサーバがリアルタイムでウィルススキャンしてくれるからウィルスが持ち込まれるリスクも低減できるね。

チャーリー

なら休み明けも安心ですね!

※ローカルPCのウイルス対策は別途必要です。あしからず。(^^)

クリス先輩

アンチウイルスの導入も大事だけど、根本的に企業として情報セキュリティに対する意識を高く持ち、ITIT以外のユーザも含めたセキュリティレベルの向上が必要だね。

チャーリー

日々精進なり。です。

そうだ。お盆と言えば、クリス先輩知ってます?

最近は「お盆玉袋」っていうのが出ているらしいですよ。

クリス先輩

お、おぼんだまぶくろ?

チャーリー

はい、要するにお盆版のぽち袋ですよ。ルーツは古くからあるらしいんですが、新たな習慣が認知されつつありますね。

クリス先輩

子供達のお小遣いもすっかりインフレ気味だね。甥っ子姪っ子にオネダリされないように夏休みは「う居留守」でも使って注意しないと。

チャーリー

・・・・・・(さぶっ)

クリス先輩

やっぱり、お盆休みのオフィスが静かで平和だなぁ~

チャーリー

クリス先輩、ドンマイです。

 

 

 

 

 

To be continued(^^)


ページトップへ戻る